カテゴリ:OTHERS( 195 )

RACING IS ALIVE !

Transitionの本国ブログでFluid Ride Cupの事が書かれています
タイトルはその中の一節。
色々なカテゴリーで多くの参加者がシャトルの行列を作った模様。

結果の方はボスのKyleがカテゴリー2で、輸出担当のSamがカテゴリー1で共に三位表彰台を獲得。
d0100331_19533761.jpg

↑彼がKyle ボスです。社員柄のTシャツ着てます。
d0100331_19552634.jpg

↑こっちの髭がぼうぼうなのがSam。カテゴリー1っていう事はまだ若かったのね。(19〜29歳クラス)

Proクラスでは新加入のLars Sternbergが首位と同タイムながら二位獲得。
d0100331_2033997.jpg

JSは21番手の模様。
d0100331_2073165.jpg


なんだかTransitionも今年はレースを楽しみ始めました。
[PR]
by lovebikes | 2009-04-12 20:10 | OTHERS

今年のレース。

ぼちぼちコチラの正式なアナウンスをしなければいけないなーと思いつつも、バタバタしておりまで出来ていないのですが....。

今年のJシリーズについて残念なニュースと良いニュースが飛び込んできました。
まずは残念な方から。
正式に秋田県 田沢湖でのレースは中止となったようです。
ニュースソースはコチラです。
これで東北地方でのJシリーズは消滅してしまいました。
私は以前行われていた大鰐大会等も田沢湖も少し遠い事を除けば地元のボランティアの方々が大変良くして下さりほんわかとした良いレースで気に入っていたのですが....。

良いニュースはトライジェイの発足です。
私は良く一般の方々に折角だから腕試しでレースに出てみれば良いのにとお話をしてきたのですが、皆さんにとってはJシリーズは敷居が高く感じられるようで、尻込みされる方が多いように感じていました。
決してそんな事はありません、最初は見に来るだけでも良いと思います。
皆さんがビックリする位のスピードで走り、コーナーを曲がる選手を見るだけでも面白いとおもいますし、折角来場されたら選手にも気軽に声を掛けて色々な事を話掛けてみて下さい。
基本的には彼らは普通のオニイチャン達ですから。

私は若い選手達が少しでも上の目標向かう踏み台のようなチームを作りたいと思いレースに関わってきました。
トライジェイは私とは異なるJシリーズへの関わり方ですが、大変注目しています。
レースはみなさんからもそんなに遠い存在ではありません。
[PR]
by lovebikes | 2009-04-12 15:16 | OTHERS

スパイフォト?ただのリーク?

Quamen Bikesからのメールに一枚の写真が添付されていました。
d0100331_17405814.jpg

Max工場長がカメラを向けられておどけています。
(実はフラットライダーとしても一級品)

今回の主役はそのMaxではなくて、その前にある溶接中のフレーム。
ダウンチューブにLoCalと書かれていますが、厳密にはLoCalでは無いのです。
実はダートバイクのLoCalをベースに新加入の栗瀬裕太選手用にプロトのレースバイクを作ってくれています。それも休日出勤で!!

まだファーストプロトですのでこれをベースにどんどん開発を進め製品化を目論んでいます。
コンセプトは勝つ為のクロモリレースバイクです。
なんか楽しみでしょ?僕も楽しみです。

もう少ししたら栗瀬選手がこれに乗っている姿をご覧頂けると思います。
おーたーのーしーみーにー。


大事な事を言い忘れました。
全てのQuamen Bikes製品はこんな彼らが一つ一つ丁寧に作っています。
なんかいいでしょ?

[PR]
by lovebikes | 2009-03-30 18:18 | OTHERS

全然関係無いんですけども。

最近、休みたくなるとこれらを見ています。
全然自転車にからんでないんです。
お許し下さい。
これおかしくて仕方が有りません。
数名見た事のある顔があるのですが、他の方は関西方面では名の有る方なのでしょうか?




[PR]
by lovebikes | 2009-03-28 04:02 | OTHERS

Transition Trail Day

Transitionのブログからです。
Transitionのメンバーが21日の土曜日にボランティアを募りトレイルのメンテナンスを行ったようです。
会社をあげてこのような事をするので彼らは愛されるのでしょう。
やはり彼らの目的はお金を多く稼ぐ事では無いのであろうと思います。
d0100331_1641312.jpg

d0100331_16431019.jpg

d0100331_16421216.jpg

d0100331_16435256.jpg


なんか楽しそうです。
こんな会社が作れたら素敵だろうと思います。
[PR]
by lovebikes | 2009-03-24 16:45 | OTHERS

LA Street JAM

先日LAにて行われたStreet JAMの動画が幾つか出てきましたのでこちらでご紹介します。
これだけの規模で行われるJAMなんて正直見た事がありません。
Eric頑張りました。

公式動画


関連記事
RIDE BMXESPNでも同様の動画と記事が掲載されています。

又、YouTubeに参加者が撮った動画も貼られていましたのでこちらもご覧下さい。
すごい参加者数であった事はこちらの方が判り易いかもしれません。

[PR]
by lovebikes | 2009-03-22 11:29 | OTHERS

帰国しています。

え〜っと、凄くアクセス頂いているのですが、
途中で写真が面倒になりあまり撮っていないのと、
私の好みが人様と大きく異なっている事。
他の代理店さんの取り扱いブランドで「あ、こんなのあるんだ。でも日本には入らないだろうなー」って言う物や、
こんな写真出したら他の代理店さんに怒られるだろうねっていうのが多くあまり写真を撮っていないのです。
個人的に一番お見せしたいChargeの画像(写真は無いが画像データで貰っている)は出した瞬間にDavidに怒られるので出せません。
よってあまり出せる写真が無いのです。
展示しているのに写真撮影禁止っていう物も結構あります。


取りあえず個人的に気になったものその2。
d0100331_091623.jpg

ACです。いいんでないすかね、これ。
かなり欲しい。

始めてのTAIPEI SHOWを終えた感想は「世界中の疲れた自転車業界人の集い」でした。
会場で会う人会う人(台湾人も日本人もイギリス人もカナダ人などなど)みんな挨拶の次にみんな"I'm tired."って言います。
カナダ人には「お前は日本だから4時間で来れるけど、オレは20時間も掛かるんだぞ!!」って言われました。
彼らは滞在する期間中、午前、午後と効率良くミーティングをこなし、その合間を縫って会場を見て回ります。そりゃ疲れるわな。

帰りの空港。
d0100331_121515.jpg

d0100331_141080.jpg


台湾最後の食事。想像通り酷かった。
d0100331_132439.jpg


スターバックスは市内の至る所にあって良かったです。
基本的にはどのお店にも英語が話せるスタッフがいました。
日本人と判るとカップにマジックで「J」と書き加えられ英語で対応してもらえるのですが、
僕はどこの国の人か判らなかったらしく「E」って書かれました。
d0100331_15067.jpg


牛。
d0100331_181079.jpg

熊。
d0100331_185310.jpg

そういえば台湾では至る所に先日、中国から送られたパンダとこの熊を一緒に描いたポスターがあった。理由は不明。
この台湾で描かれる熊がどうにもジャミラっぽくて気になる。
そういえば私も小学生のころにジャミラのまねをしてシャツの首から顔だけをだしていた時代を思い出しました。
[PR]
by lovebikes | 2009-03-22 01:19 | OTHERS

台湾二日目(Taipei Cycle Show)

みなさんが気になるのはコチラでしょう。
僕が個人的に気になったものをちょこっとだけ掲載。
会場入り口はこんな感じ。
d0100331_454328.jpg


Sram
今年は色遊びの要素が強いです。
d0100331_534840.jpg

とうとう登場?ダイレクトマウント。
d0100331_56615.jpg

今年はこのガバナイズドっていう真ん中のカラーを押しています。
d0100331_564547.jpg

ここではじめてダイレクトマウントの色展開の理由を知る。
この写真を撮っている時に「はい、そこ撮影しないで!!」って言われて「ごめんなさい」って言ったらChargeのDavidでした。正直気づかんかった。
真面目な日本人にいたずらは禁止です。
彼らはこれからROCKSHOXとのミーティングとの事。
なんかホントにお疲れ様です。
d0100331_5152882.jpg
d0100331_5144740.jpg
d0100331_5152645.jpg
d0100331_51852.jpg
d0100331_5211132.jpg

これらはアップしていて気づいたのですが、色によってチェーンリングの色の付いている箇所が違います。これは最終仕様なのか?テストなのかは謎?

DHレースバイク。
特にラピエールは乗り易そうに見えます。
d0100331_5281371.jpg

d0100331_5281319.jpg


EASTON
こちらも随分とイメージチェンジ。
d0100331_5311169.jpg

d0100331_5344598.jpg

d0100331_5361493.jpg


E-13
d0100331_5384089.jpg

d0100331_5393682.jpg


今年はカラー展開と軽量化が目立ちます。
確かにみなさんそういうのお好きですもんね。

そういえばホテルを台北駅の近くのインターネット環境のあるホテルに移りました。
明日帰国です。どうやって空港にいくのかはまだ謎。
[PR]
by lovebikes | 2009-03-20 05:42 | OTHERS

台湾二日目(台北の町並み)

これだけではみさなん物足りないでしょうから個人的に少し気になった写真を載せましょう。
まずは台北の町並み。

d0100331_43823100.jpg

こんな建物が沢山ありますが、何も事前に学んでこなかった私には何かが判りません。
d0100331_438765.jpg

漢字って何か面白いです。
d0100331_441891.jpg

街はスクーターだらけ。自転車屋さんよりもスクーター屋さんまたは修理専門店の方が目立ちます。
d0100331_4443146.jpg

おそらく二段階左折用(右側通行の為)の停止ゾーンなのですが、やる気のある人は勝手に前に出て来ちゃいます。
d0100331_447311.jpg

d0100331_4475083.jpg

繁華街の夜の風景。
なにか新宿の歌舞伎町からエロを除いたような感じ。

30年前位の東京の様な街です。
[PR]
by lovebikes | 2009-03-20 04:48 | OTHERS

台湾初日(Charge Bikesとのミーティング)

今回の渡航の目的はCharge BikesのDavidとNickとのミーティングです。
会場はホテルの一室。
そこで15:30からのミーティングなのに成田を当日の10:00初。
フライト時間は4時間で時差を含めて現地着は13:00。
入国審査が混んでるっす。
まあなんとか30分位の遅刻で現地到着。

彼らから来年モデルのサンプルを元にプレゼンテーションを受けてきました。
「これ写真撮ってもイイ?」って聞いたら、「良いけどどこかに載せんなよ!」って言われたので写真撮影は中止。
だってDavidもこのブログを見てるって言うし....。
基本的にはキレイにファイリングされた資料とその中身をCD-ROMにした物を貰っているのでいいかなと止めておきました。

一言で言うと来年も間違いなくサイコーです。
僕は彼らの綿密なマーケティング能力やデザイン力を信じているので、基本的には何を見せられても安心しています。
彼らは更に一歩前進します。
再来年は更にもう一歩全身します。
どんどんバイクライフとファッションの融合を目指しています。
彼らの市場の理解とそこへのアプローチの方法が僕の考えに近いので取り扱いをさせて頂いていてこんなに気持ちの良いブランドはありません。
彼らのプレゼンテーションは何を見せられても欲しい物だらけです。
あとはどれだけ仕入れられるか私の財布の中身次第です。

この段階でお話できる良いお話もあります。
「日本の女の子は貴女達が考えているよりももっと背が低いから小さいサイズをラインナップに加えて欲しい」って言ったら、「オッケー♡図面を送るよ」だって。
来シーズンは更に進化した仕様でやっと女の子が乗れるサイズがラインナップ出来そうです。
「何か来スーズンに向けてサンプルが欲しい物があったら何でも言ってくれ」
だって取りあえず片っ端から入手しますかね。

夜はご飯奢ってもらっちゃった。
こんなお店。
d0100331_3502163.jpg

ジャパニーズスタイルの鉄板焼きのお店です。細かい気遣いをありがとう。
基本的に僕は優しくされるのになれていないのでなかなか困りました。
みなさんにはイメージ画像をどうぞ。
こんなに派手なアクションは無くもっと粛々と焼いていましたけれども。


でもってその後はホテルへ。
d0100331_431864.jpg

これどうみてもラ○ホ○ルだよね...。
インターネットなんて繋がる訳ねーし。
部屋は汚いし、ベッドは縦が短すぎて足首から下が外にでるし、なにかサイドテーブルに嫌な感じがして見たら何か不快な形状の虫が必死に逃げてるし....。
先ほどの夢のような時間とは大違いでした。
次回はもっと前もって予約をしませう。

そういえばお土産をもらいました。
d0100331_4104563.jpg

d0100331_4111346.jpg


こういうのは単純に嬉しいタイプです。
額作って飾るっす。
みんなありがとう。僕もがんばります。

翌日の朝ホテルの近くにこんなお店が。
d0100331_42711100.jpg

「バカ先生」って読むと少しハッピーになって、疲れが吹っ飛びます。
実態は只のパン屋さんでした。

こちらに来てから間もないのに上のホテルの写真を撮っていたら(中学生みたいな)おまわりさんに職質を受け(最近ホントに多い)、会食の再には僕がトイレに行っている隙に、「彼はホントに日本人なのか?」と聞かれていた模様。
なんら日本での生活と変わりません。(w
[PR]
by lovebikes | 2009-03-20 04:22 | OTHERS