カテゴリ:PRODUCTS( 187 )

geekhouse bikes

geekhouse bikesのWormtownが入ります。
d0100331_20471619.gif

クリスマスの12/25に東京港入港です。
Charge Bikesの1/1(正月)といい、クリスマスといい....。

今日はgeekhouse bikesのお話を少し。
geekhouse bikesには3人の人間が携わっています。
そして彼等自身がこのブランドがどのようなブランドであるかを表すキーになります。
オーナーのMarty Walsh(26歳)、開発・テストにウェブデザインまで行うChris Fitzgerald(22歳)、そしてサポートライダーのSteve Shrinienrerer(なんて発音するんでしょう?)(20歳)の3人です。平均年齢はたったの22.6歳です(若い)。

そしてこの3人はAaron ChaseやCarter Hollandがサポートを受けている事で有名なSICにも関わっています。

こちらではMarty WalshがGeneral Managerとして他の二人はサポートライダーです。

彼等は自身がストリート、ダート、パーク専門のライダーであると同時に、彼等が本当に乗りたいバイクを自らブランドを立ち上げて作りました。それがgeekhouse bikesです。

スタートしたばかりで知名度は低いですが、是非そんな彼等の作るバイクに乗って下さい。
LOVE BIKESでも試乗車を作る予定でおりますので、機会があれば是非乗ってみて下さい。
デリバリーは恐らく年明けからになると思われます。

彼等が細かくこだわって作ったフレームのディテール写真をいくつか載せます。
詳しくは右のリンクからLOVE BIKESサイトをご覧下さい。
d0100331_21225652.gifd0100331_21233742.gif
d0100331_2124519.gifd0100331_2128494.gif
[PR]
by lovebikes | 2006-12-13 21:32 | PRODUCTS

Charge Bikes サンプル その後 4

いつまでこのネタでひっぱるのか?という話もありますが、
折角なので展示して頂けるよう某販売店様にお願いし、快諾頂きました。
そちらは後日、またコチラでご報告致します。(まだひっぱる)

それとは別に少し天気の不安があるのですが、日曜日に緑山のコース開放日になっていますので、そちらに顔を出そうかと考えております。
フレームは肌身離さず持ち歩いておりますので、気軽に声をお掛け下さい。
残りはBlender Ti と Iron Steel のみですけど。
サングラスをしていると怖いと言われますが、見た目程怖くは無いはずです。

上記某販売店様へ業務連絡。
きっと緑山へいらっしゃっているでしょうからその時にでもこっそりと。
[PR]
by lovebikes | 2006-12-09 14:54 | PRODUCTS

Rennen Design Gorupの新商品

先方のお許しがでたので早速お見せします。
アメリカ人はあまりそのへんの事は細かく気にしないみたいです。(w
まずはCog。
d0100331_144438.jpg

凝ったカタチでキレイに肉抜きしてあります。おまけにピッカピカ。
ラインナップは13〜18Tを予定。
当然、シマノのフリーやプロファイルにも装着可能。

で、Rennen Design GroupのCog Spacerと一緒に装着するとこんな感じ。
d0100331_1102354.jpg

Cogがピッカピカすぎて色々な物が映り込んでいます。
キレイに肉抜きの部分も見えています。
でもこれ歯数によって随分と印象は変わるのかもしれません。

SprocketとChainringです。
d0100331_1165854.jpg

Sprocketは敢えて19mmスピンドル専用につくってあります。
一般的なSprocketは他のクランクでも使えるように大きな穴を開けてスペーサーを入れるのですが、敢えてそうしなかったようです。その辺りも彼等らしくて僕は好きです。
彼等は元来BMXレーザーである事もあり大きめのサイズでProtoを作った模様。
大きな方が見栄えが良いというのもあるのでしょう。
しかし私が初回発注したサイズは25,28,30,33,36Tのみ。(w
売れたら追加で大きいのも作ってもらおうかと思います。カラーはブラックとポリッシュのみ。

Chainringは4アーム用のみです。あの形状だとクランクに装着した際にどのように眼に映るのか楽しみです。こちらのサイズは36,38,40.42Tのみ。色は敢えてポリッシュのみとしました。

徐々に自分の取扱いパーツだけで試乗車が組める位、商品ラインナップが増えてきました。
これは嬉しくもあり、恐怖でもあります。(w
Rennen Design Groupのこの辺の大物は入荷数が限られます(初回発注ロットをびびった?)
ので、興味をお持ちの方はお早めに。

お値段ですが、まだ最終のINVOICEが来てないので、来てから発表します。
今のところの予想では、特別安くもなく、かといって高くも無い。
クォリティーから判断していただければ随分お安く感じて頂けると思います。

決定次第アップします。お楽しみに。
[PR]
by lovebikes | 2006-12-09 01:34 | PRODUCTS

Charge Bikes サンプル その後 3 etc....。

本日、風魔新宿様より先日のサンプルを展示して頂いている写真をお送り頂きました。
d0100331_16372267.jpg

わざわざご丁寧にありがとうございます。こちらが無理矢理お願いしたのに....。
併せてブランドのヒストリー(短いけど)や他の商品の画像も見て頂けますので、これを機会に是非足をお運び下さい。

実はCharge Bikes 以外にも色々扱っておりまして、今回はその辺のお話を。
Rennen Design Groupというブランドなのです。
ここの製品はスゴいです。
何がスゴいって、新しい理想的なアイデアと製品の作り込みです。
全てアメリカで作られるのですが、オールドアメリカンMTBにみられた作り込みの細かさが今尚生きながらえた様です。
現在のプロダクツは>Single Cog SpacerとRollenlagerという名のシングルスピードにした際のチェーンテンショナーのみです。
商品の詳しい説明は右のリンクからLOVE BIKESサイトをご覧下さい。
すいません。m(_ _ )m説明が細かくなりすぎるのです。
でもできれば実物を手に取って見て下さい。そのほうがよりスゴさが伝わります。
Rollenlagerはそっくりなコピー品まで出来てしまい、こんな狭いマーケットにと少しずっこけましたが、見比べて頂ければ価格差にも納得頂けると思います。

そしてこのRennen Design Groupよりコグとプロファイル3pcsクランク(19mmスピンドル)用のスプロケットと4アーム用のチェーンリング(基本的に彼等は変速は嫌いなのでしょうか?)が追加で発売されます。

彼等の名に恥じないピカピカと肉抜き具合なのですが、写真掲載はもう少々お待ち下さい。
只今先方に確認中でございます。
先方のオッケーを貰い次第こちらでもご案内いたします。
[PR]
by lovebikes | 2006-12-08 17:09 | PRODUCTS

Charge Bikes サンプル その後 2

昨日は折角なのでと風魔新宿様にバイクを置いて頂いた事をご報告致しましたが、
本日も折角なのでもうすこし皆様に見て頂こうと別の物を某都内のショップ様にお願いしてまいりました。

お願いしてきた商品は
d0100331_0382863.jpg

Blender Steel White

d0100331_0391237.jpg
d0100331_0393630.jpg
d0100331_0395395.jpg

Stool Saddle全三色です。

「欲しいっていう人来たらどうする?」って聞かれましたので、
くれぐれも販売しないようにとお願いして参りました。

発売開始時期は「年明け割とスグ」から可能となります。
入荷予定はイギリスから東京港への入船が2007/1/1というおめでたい日程になっております。(w
お正月休みさえも無くなるのか不安が多々ありますが.....。
きっと私が休まなくても税関はお休みされるでしょうから大丈夫かな?
という感じから上記の「年明け割とスグ」という微妙な表現となっております。

本日上記サンプルの展示をお願いした某ショップ様とはコチラ
是非、この機会に足をお運び下さい。
こちらにはTransition Bikesも在庫して頂いておりますので、そちらもご覧頂けます。
[PR]
by lovebikes | 2006-12-08 00:57 | PRODUCTS

Charge Bikes のサンプル その後

本日、無事に入荷しました。
一部不足した物もありましたが、今回は少し余分に取り寄せたので問題無しです。

今回取り寄せたものは
d0100331_2226319.jpg

Blender Steel White
d0100331_22272764.jpg

Blender Ti
d0100331_2228012.jpg

Iron Steel Black
d0100331_22284094.jpg

Iron Ti

と他にもパーツ多数。
これら写真の上から3ヶは広報活動ですぐに使用するのですが、Iron Tiは直ぐに使用する予定がありませんでした。
そこで都内のあるショップ様にお願いし、しばらくフレームのまま展示頂く事となりました。
是非この機会に一度ショップ様へ足をお運び頂き、実際に目にして下さい。
ショップ様のお許しがでれば実際に手に取って頂いても結構です。
あまりの軽さに驚かれる事と思われます。
まだ商品の価格さえも決定していない状態ですので、ショップ様にあまり意地悪な質問はしないで下さい。もし詳しいご質問等ございましたら私どもLOVE BIKESへ直接お尋ね下さい。
そして気になるショップ様はコチラ。いつも本当にお世話になります。 m(_ _)m
その他のバイクも組み立てた後に、持参して色々な場所に出没いたしますので、お気軽に声をお掛け下さい。
[PR]
by lovebikes | 2006-12-06 22:52 | PRODUCTS

Charge Bikesのサンプル入荷

Charge Bikesのサンプルが本日(明日?)エア便でイギリスより入荷します。
当然、フレーム等の商品がメインですが、それらに非売品のステッカーキットやバナーが同梱してくるようです。
バナーは今シーズンイギリスのレースチームで使っていたものと同デザイン(あまり?)のものが送られて来ると思われるのですが、ホントにカッコいいのです。(↓↓↓)
d0100331_214660.jpg

写真は今年Chargeの管理するRadstockという名前の屋外のバイクパークで行われたBattle of Radstockの表彰式の模様です。
1. Timo Pritzel (Oakley / Scott / SRAM) 写真中央
2. Chris Akrigg (Mongoose / Hyundai / Muc-Off) 写真左
3. Matt Scott (Curtis / Howies) 写真右(足だけ)

このバナーも来シーズンはLOVE BIKESのブースや、会場に貼っておきますのでご覧下さい。
くれぐれも盗難禁止でお願いします。

商品サンプルが入荷したら、また写真等をアップします。
このブランドは他にも色々と積極的に多方面にアプローチしていますので、話のネタはつきませんが、本日はここまで。
[PR]
by lovebikes | 2006-12-06 02:26 | PRODUCTS